初めての動画作成マニュアルサイト

動画は短い方がいい?

動画の再生時間の重要性、適切な長さは?

どのような動画を作成するのかによって適切な長さというのは変わってきます。
どんな人にどんな事を知ってほしくて動画を作るのか?
例えば動画サイト等でよくあるCMのような広告であれば長くても30秒以内。
ほとんどの方が飛ばしてしまう為序盤の5秒から10秒に一番PRしたいものを持ってこないといけません。
企業や学校紹介だとしたら30秒では無理ですよね?
商品の使い方まで細かく見てもらいたいとしたらもっと時間が必要になります。

動画は最低でも3分で収まるものであれば人は最後まで再生してくれる可能性が高いと統計が出ています。
もちろん100%ではありませんがまずは3分。
3分で収まるように構成を考えながら作成してみましょう。

動画は短ければ短いほどいいのでしょうか?

動画の再生時間というのは短ければ短い方がいいのか?
それは当然YESです。
ただし、たった10秒で頭に入ってくるようなインパクトのある動画が作れればの話ですが。
人間は興味のない事に時間を割くのはなるべく避けたいと感じると思います。
ですので短ければ短いほど見てもらえる確率が上がります。
ですが興味のある事については少し時間がかかっても見たいと思うはずです。
なのでその動画をどのようなシチュエーションで利用するのかによって動画の再生時間というのは変わってきます。
伝えたい情報と伝える必要のない情報をしっかり考えてなるべく短くしましょう。
あれもこれもと詰め込むのもNGですしとにかく短く!と大事な情報が抜けてしまうのもNGです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る