初めての動画作成マニュアルサイト

動画を通じて何を伝えたいのかを明確にしよう!

構成の基本パターン

動画の構成には基本となるパターンがあります。
まずは基本的な流れを見てみましょう。

1、まずはインパクトのある入りで視聴者の心を掴む
2、次に入りで掴んだ視聴者の方の興味を持続させられるような内容にします
例えば気になる情報を小出しにしたり、問いかけをしてみましょう
3、ここで情報をまとめたり商品やサービスの魅力をアピールします
4、最後の締め

ここまで来ればあとは商品やサービスページへ誘導したり実際に行動してもらえるようにします。
つかみ、興味をひく、印象付ける、締めるこの4段階が基本パターンとなります。
全ての動画がこれに当てはまるわけではありませんが何かをPRするにはこの流れが一番自然です。
動画作成の慣れてくるまでは基本パターンを使って作るのがおすすめです。

動画の構成を決めましょう

目的の為にどんな人に見てもらいたいのかがハッキリすればあとはターゲットに見てもらう為にどのような構成にするかが大事になってきます。
例えば自社の商品の包丁を主婦の方に買ってもらいたいと目的とターゲットが決まったとします。

1、まずは包丁に関心を持ってもらう
2、次に自社の包丁自体を知ってもらう
3、更に包丁の価値、魅力を知ってもらう
4、ここで包丁の購入を後押しする
5、最後に包丁を購入してもらう

このように基本パターンに当てはめつつ動画の枠組みをここで作ってしまいましょう。
枠組みが決まると動画の流れ、ストーリーが見えてくると思います。
ここまで来ればどのような表現方法を使ってターゲットに興味を持ってもらうのか動画の構成をもっと具体的に決める事が出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る